敷布団 おすすめ ランキング

腰痛の原因について迫る

悩まされる腰痛の原因とは何なのか?しっかりと理解していますか?
腰痛の原因をしっかり理解していれば、日頃から腰痛に繋がる行為を避けられるようになり、結果的に腰痛の悪化を予防できます。

 

当ページでは腰痛の原因について簡単にまとめます。

 

腰痛を感じるのは、神経が通っている筋肉に何らかの異常が発症しているためです。特に、筋肉が凝り固まっていたり、縮んでいたりといった”緊張状態”にあることが根本の原因になります。人体で痛みを感じるのは神経であり、神経が通っていない骨や軟骨は腰痛の原因にはなりません。骨が痛いと感じることがあるかもしれませんが、勘違いです。骨には神経が通っていません。表層の筋肉は緊張しにくく、骨に近い奥の部分の筋肉が記帳しやすいために、骨がいたいと勘違いするのです。

 

筋肉が緊張した状態が続くと、血管や神経が圧迫され、痛みやしびれにつながります。

 

腰痛の原因である筋肉の緊張状態は骨盤の歪みや、骨のズレといったことで引き起こされますが、骨盤や骨格の一に問題がなくても筋肉の緊張が発症するケースはあります。

 

デスクワークは腰への負担が大きい

 

二足歩行の人間は、四足歩行の動物に比べて脊髄や腰椎への負担が大きくなります。それでも人間が二足歩行で問題ないのは、二足歩行でもっとも負担がかからない骨格に進化し、最適な姿勢を筋肉に記憶させてきたからにほかなりません。

 

しかし、現代人はデスクワーク事が増えたため、座っている時間が急激に増えています。デスクワークメインの生活にシフトした一方で、骨格や筋肉はあくまで二足歩行を想定した構造のまま。これでは腰への負担は大きくなり、生活に支障が出るケースが出ても仕方がないでしょう。

 

実際、専門家の間では、座ったときの姿勢で腰にかかる負担は、明らかに立っていたり寝ているときに比べて大きいことがわかっています。つまり、立ち仕事が多い人よりも座り仕事の人のほうがはるかに腰を痛める可能性が高いのです。

 

デスクワークの増加により、長時間座り姿勢でいる時間が増えたため、現代人は腰回りの筋肉に過度な負担をかけるようになっています。筋肉の緊張状態が続くため、腰痛になりやすいのです。

 

腰痛対策の敷布団・マットレスの比較ランキングへ